【消えないシミ取り】レーザー後の色素沈着はインナーケアで消せる?

シミ肝斑

こんにちは! JYB協会代表理事 森織円香です。

今回は「根本的に肝斑・シミを消す方法」ということで

「美容医療をやってもなかなか減らない!」
「サプリや薬を飲んでもまた濃くなった感じがする!」
「頬の広範囲に肝斑がボヤーっとある上に、細かいシミがポツポツできてきた!」と、

お悩みの方が誰でも簡単にできる、身体の中からシミ・肝斑を消す方法を解説していきます。

 

 

シミ・肝斑は身体から整える?

くすみ顔

「え?シミとか肝斑ってレーザーじゃないと消えないんじゃないの?」と思われたかもしれません。

確かにそれも効果的な方法ですが、それでも身体の中から整えたほうがいい!と断言できるのは2つの理由があります。

まず1つ目は、
中国3000年の歴史がある予防医学理論に「皮膚は内臓の鏡」という考えがあり、
シミや肝斑ができるのは紫外線以外にも体質の影響があると言える事。

そして2つ目は、
プロのエステティシャンの先生として20年以上活動してきた中で、
シミや肝斑の人に共通しているある身体の不調があった事。

 

実際私の周りで、美容医療に頼ったもののシミが消えなかった人に共通しているのが
血がドロドロしたり代謝が落ちるような状態になっていたということ!

レーザ シミ

 

「え!一回レーザーやれば完璧にシミが取れると思っていた!」と結構びっくりされる内容です。

シミにはいくつかの種類があるので簡単にきれいにできるものもありますがそうではないものもあります。

美容医療を否定しているわけではないですが、せっかくやるのならちゃんと効果的に肝斑やシミ対策をしたいですよね?

肝斑やシミをきれいにしたいなら絶対的にインナーケアは欠かせません!

 

「じゃ、何すればいいの?」と思われた皆さんに今回は、
予防医学の考え方と美容を掛け合わせたセルフケアで身体の内側から肝斑ができないようにする方法を解説していきます!

 

インナーケアでお肌が変った実体験

実際私も今回お話するセルフケアでこんなに肌色が明るくなり、昔使っていたファンデーションが全く合わなくなるほどトーンアップして
『シミ薄くなったね!』と周りから言われるようになりました。

 

トーンアップ

「でもそれって難しいんじゃないの?」と思われたかもしれないですが安心してください。

どなたでも簡単にできて、肌や身体のメカニズムに沿った効果的なアプローチを解説します。

もしあなたが・いろんな化粧品を使ってもシミの悩みが減らない・だんだん肝斑やシミが濃くなってきたとお困りでしたら、今日の内容は絶対参考になるはずです!

この記事を飛ばし読みしてしまうと肝心な部分をスルーしてしまいセルフケアをしても、効果が出ないということになってしまうので最後までご覧くださいね!

 

シミや肝斑が出来やすい体質とは

 

しみ 肝斑

まず結論からなんですが、シミや肝斑ができやすい人は
こんな体質になっていることでシミや肝斑がどんどん増えてしまっている可能性が大です!

次の項目に当てはまっているかチェックしてみましょう!

・冷え性・生理痛が重たい
・アザができやすい
・いつもくすみがち
・あまり水分を取らない
・生理中にドロッとした経血が結構出る

これに当てはまっている人は「瘀血」体質です。

血がドロドロしていて、老廃物を排泄できる力がかなり弱っているのでシミのもとの過剰なメラニンが排泄されずに肌内部に居座りシミが濃くなりやすいです!

 

続いて

・ストレスが多い
・ため息やゲップがよく出る
・春になるとシミが増えた感じがする
・PMS生理前に揺らぎやすい
・頭痛を繰り返す
・お腹が張りやすい

これらは、身体の生理機能である肝が疲れていることで代謝や循環力に影響しシミや肝斑ができやすいタイプです。

ちなみに肝は肝臓臓器のことではなく身体の生理機能のことを指します。

西洋医学とは捉え方が違います。
肝斑の漢字も同じ字を使っていますよね。
これは肝斑と肝には繋がりがあるよと考えているんです。

 

「でも、シミって紫外線でできるよね?」
そう思われた皆さんは、美容リテラシーが高くってすごいです!

確かにシミは、たくさん紫外線に当たることで、表皮の中のメラノサイトという部分が活性しメラニン色素が増えてしまいます。

本来であれば過剰に作られたメラニンがきちんと排泄されれば、子供のように真っ黒に日焼けしても時間が経てば肌色がきれいに戻りますが、肌の内側が血がドロドロしている代謝が悪い状態ならば残念ですがシミとして居座ってしまいやすくなります。

 


実際私はエステの先生をしていたときに「レーザーでシミをとったの!」というお客様に
数ヶ月後にお会いした時にシミが同じようなところで濃くなっていて、先ほどの体質チェックをしたところガッツリ当てはまっていました。

 

「でもそもそも肝斑とシミって何が違うの?」

老化に伴ってできるシミは大きいものから小さいものまで色が濃いですが、それに対して肝斑は両頬に左右対象シミほどはっきり見えないけどボヤーっと薄く広範囲に広がっているものです。

それ以外にも生え際や口周りにもボヤーっとできることもあります。

肝斑A

 

実は肝斑医学的にこれ!っていう原因がはっきり解明されておらず、可能性として考えられるのが女性ホルモンの乱れ・ストレス、それ以外にクレンジングやマッサージなど間違ったスキンケアで擦りすぎマスクによる刺激などがあります。

特に肝斑は30代以降の女性にできやすいことから、女性ホルモンの影響が強いと考えられます。
なので妊娠出産時やピルを服用している方に増えやすいとも捕らえられます。

女性ホルモンのバランスが崩れると、表皮の9割を占める細胞(ケラチノサイト)が刺激され、プラスミンという血液や血栓を溶かす働きをする分解酵素が増えメラニン色素を作り出しシミとなって現れると言われているからです。

 

ということで!

シミや肝斑対策には、肌の中からきれいにできるようなインナーケアが必須ということがわかってきましたよね!

「確かに肌の中からきれいにしたいけど何をしたらいいのかわからない!」と思われた方のためにここからは必要なインナーケアを3つ解説します!

 

肌を綺麗にするインナーケア3選
肌 美

インナーケア①

まず一つ目!カップラーメンコンビニご飯をストップです!
「え、じゃ何食べろっていうの?」と心配になるかもいるかもしれないですね。

確かに便利なものですがこれらのものには食品添加物が入っていたりプラスチック容器に入っていますよね。
それらが環境ホルモンと言って女性ホルモンを撹乱させる働きがあるとされています。

 

肌に悪い物質

https://www.env.go.jp/chemi/kurohon/http1998/html/speed_hyo3.htmlより

 

女性ホルモンの乱れによって肝斑が増えることは先ほど解説しましたよね?

「よくないのはわかったでも忙しいからストップするのは無理だな」
私も出張生活が長かったのでその気持ちはよーくわかります。

であれば自炊できる時に添加物たっぷりの調味料ではなく、自然由来の本物調味料を使うこと。保存容器をプラスティックではなくガラスや琺瑯にしてみるのもおすすめです。

私も実際そうしています。

ガラス保存

「え、でもそれってちょっと面倒くさいかも」豪ニューカッスル大学によると、世界中の人が毎週クレジットカード1枚分のプラスチックを食べていると言います。と聞いたら肌と健康のために見直す価値はありますよね!

 

インナーケア②

2つ目は血の巡りを高めること!
一昔前もその重要性が話題となり「玉ねぎ食べてます」って方が増えましたが、皆さんは取り入れていましたか?

確かに玉ねぎにも「理血作用」といって血の巡りを高めてくれる役割はありますが、
まず重要なのは、足し算ではなく引き算!

つまり血をドロつかせるようなものを減らすことです。
そうじゃないと、どれだけ玉ねぎ食べてもメリットが低いからです。

具体的には
・スイーツ
・脂っこいもの
・味が濃いもの
・甘いジュース

を控えていきましょう!

その上で先ほどの
・玉ねぎや青梗菜
・きくらげ
・生姜
・お酢

そして、お水を飲んでない方も多いので、珈琲やお茶ばかり飲んでいる方はお水の補給を意識してみてくださいね。

飲むだけで美肌に

 

 

インナーケア③

3つ目ストレス対策です!
「ストレス対策なんてシミや肝斑とどう関係があるの?」と思われたかもしれないですが

先ほどの解説に肝に負担がかかることで、シミ肝斑が増えやすくなると言いました。
その負担になることにストレス問題があったからです!

「でもストレスなんて自力でコントロールできないからなかなか減らないよ」とお困りの方にお勧めしたいのが香りのあるもの!
薬膳の考え方で香りのあるものは気の巡りをよくしてストレスに効果的という考えがあります。

美肌 お茶

「じゃあ、柔軟剤とか芳香剤でもいいの?」と思われた方もいるかもしれないですが、ここでいう香りのものは自然のものを指します。

低コストで量産できる人工的なものも増えましたが、最近だと「香害」や「スメルハラスメント」と言って強すぎる香りで体調不良を起こしている方もいます。

私もアロマテラピーの先生もしていましたが、強い香りで体調が悪くなるので満員電車が苦手という方がいらっしゃいました。

 

自然由来のもの
・ジャスミン、ミントなどのハーブティー
・バジル・シソ・パクチーなどの香草
・植物から抽出したエッセンシャルオイルなど

心地よく感じるものを選んで取り入れてみてください!

シミや肝斑はじわじわできてくるので何よりも予防が大切!

 

 

しみ肝斑に良いインナーケアまとめ

美肌

今回お話しした

・女性ホルモンを撹乱させるものを食べない
・血をサラサラにする
・ストレス対策をすることはもちろん
・紫外線対策をバッチリにする
・肌を擦らないようにする
・自己流でマッサージはしないなどの

スキンケア要素もしっかり取り入れてくださいね!

 

まどか先生
まどか先生
ちょっと難しく感じるかもしれませんが根本からしっかり改善していくことが一番の近道です。さらに詳しい情報を無料公開していますので、良かったら下記から受け取ってくださいね。

 

美肌になりたい!という方はまずは無料でお試しを!

陰陽五行美容

私も肌を綺麗にしたい、活き活きと過ごしたい!美肌についてもっと知りたい!という方に、

上図の5大登録プレゼント「体質改善&美肌作り完全攻略 有料講座教材5点」と

✅美肌&体質改善攻略合計「175枚」スライド
✅24年のノウハウ公開!限定動画3本60分

の計7点をメルマガより無料でプレゼントしています。

20秒で完了の簡単な登録ですので、ぜひ受け取ってみてくださいね!

\ メルマガ登録 /

プレゼント受け取り

 

関連記事

  1. 【えぐられる痛みの生理痛】が3ヶ月で薬要らずになった対処法

  2. 保護中: 1day対策講座について【アドバイザー資格必須】

  3. 【受講生】難しいと言われた自然妊娠ができた体質改善

  4. 座薬を使わないと動けない程の生理痛が、薬要らずになった対処法…

  5. 【無料プレゼント】125種類完全網羅!食材確認帳

  6. 陰陽五行講座オンライン

    オンラインでも安心して受講できる!JYB協会の陰陽五行美容講…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

INSTAGRAM
FACEBOOK
Ameba